うつ病を治すために色々な知識を身に着けよう

ページトップへ

ゆっくり治していこう

ストレスフリーの生活

適度な運動

うつ病の主な原因であるストレスを溜めないようにするためには、いくつかの方法があります。日々の生活でストレスを感じないことも大切です。ストレスを解消する方法として、睡眠の質を上げることが効果的です。うつ病になると、早く寝れないことや途中で起きてしまうなどの睡眠障害が出ます。睡眠をとれるようにスマホやパソコンなどのブルーライトをあまりみないようにすることや寝る時間になるとベッドに入って睡眠を誘発することなどが出来ます。しっかりと睡眠を取ることによって、毎日の生活リズムがよくなるので、ストレスを感じない生活を送ることが可能です。充分な睡眠が出来て朝になると太陽の光を浴びることも大切で、脳内の物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

食生活が大切

鬱の症状を抑えるためには、適度な運動が大切になります。運動をする習慣を身につけることで、セロトニンの分泌量を増やすことが出来ます。特にウォーキングなどのリズム運動を取り入れることが大切です、運動をしなくても駅やお店まで歩くことでもストレス解消の効果があります。うつ病に効果的なのが、早歩きです。リズムを意識して歩くことで、抗うつ剤と同じ効果を期待することが出来ます。身体を定期的に動かすことで、治療だけでなく、予防の効果もあります。

うつ病になると、食欲がなくなることもあります。治療によって、食欲が戻ると好きな物を適度に食べることが大切です。また、野菜やお肉などのバランスよく食べることが重要です。食べ物によっては、ストレス解消の効果を持っている食材もあります。